中国では133分に1ゴールの脅威 マンUのイガロ獲得はパニックバイではない

マンUに加わったイガロ photo/Getty Images

すでに獲得は正解との意見も

マーカス・ラッシュフォードが負傷してピンチに陥ったマンチェスター・ユナイテッドは、1月にFWオディオン・イガロの獲得を決断した。

この判断に驚いた人も多いだろう。イガロはナイジェリア代表でもプレイしてきた選手だが、ビッグクラブで活躍した経験はない。しかも2017年からは欧州を離れて中国でプレイしていた選手だ。そんなストライカーがマンUで通用するのかと疑問を抱いたサポーターもいたはず。

ただし、イガロの獲得は想像以上にヒットしている。ここまで6試合に出場して3得点を奪っており、MFブルーノ・フェルナンデスとともに早々からチームにフィットした。

英『Manchester Evening News』もイガロの実力を称えている。何より中国では長春亜泰、上海申花の2クラブで計72試合46ゴールと見事な成績を記録。中国では手がつけられない点取り屋となっていたのだ。

数字で見ると、中国では1試合平均3.44本のシュートを打って133分に1ゴールのペースでネットを揺らしていた。この積極性はマンUでも変わらず、同メディアはその姿勢がゴールの可能性をアップさせていると分析している。

ラッシュフォードやアントニー・マルシャルらとはタイプも異なり、シンプルにボールをはたいてペナルティエリア内でチャンスを待つストライカーだ。現在のマンUにはいなかったタイプのストライカーであり、獲得は正解だったのかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.243 リヴァプール解剖論
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ