“恐怖の19歳”だけじゃない ドルトムントが擁する欧州最強クラスの攻撃陣

欧州屈指の攻撃力を誇るドルトムント photo/Getty Images

次節対戦相手も戦々恐々

今、欧州5大リーグで最も恐ろしい攻撃力を備えるチームはどこか。候補に挙がるのはセリエAで暴れるアタンラタ、ブンデスリーガで絶好調のバイエルン・ミュンヘン、リーグ・アンで首位を快走するパリ・サンジェルマンあたりか。これらのチームはいずれも今季リーグ戦でここまで70得点以上を記録しているチームだ。

しかし、コンスタントに得点を重ねることができるという観点から見れば、ドルトムントもその中に名を連ねるのではないだろうか。有能ヤングタレントを数多く揃えた彼らが、今季リーグ戦で複数得点を記録できなかったのはたった6試合。チーム得点数「66」こそ劣るが、これは前述の3チームと同じ数字だ。このレベルにまで到達すれば、多少の得点差は誤差といっても過言ではないか。

そんなドルトムントの中で格別の存在感を放っているのが、今冬移籍市場で獲得したFWアーリング・ハーランドだ。彼は移籍後9試合で早くも12ゴールを荒稼ぎしており、早くもエースとしての地位を確立。今ドルトムントの攻撃を象徴する選手といえばこの19歳になるだろう。

サンチョもドルトムント攻撃陣を引っ張る重要な存在だ photo/Getty Images

だが、ドルトムントが本当に恐ろしいのはハーランド以外にも優れたアタッカーを揃えていることだと、次節リーグ戦で対戦するボルシアMGのドイツ代表DFマティアス・ギンターは主張する。ハーランドの実力を認めつつも、同選手は次のように語っている。独『Revier Sport』が伝えた。

「ハーランドはとても柔軟な選手だ。非常に高いクオリティを備えているね。レヴァンドフスキのような選手がもう一人現れたようなものだよ。素晴らしいシュートテクニック、フィニッシュ能力を持っている。何も不安なくプレイしているように見えるし、僕らが彼を止められるかはわからないな」

「でも、ドルトムントの武器はハーランドだけじゃない。もちろん僕らは迎え撃つつもりだが、それができる保証はどこにもない。ハーランド以外の選手も、完全に試合から排除できるかはわからない状況だ。ジェイドン・サンチョのような選手もいるしね。彼を止めるのはとても困難なんだよ。ドリブルもシュートも素晴らしい技術を持っているからね」

この後には強気な発言も残したギンターだが、古巣が揃えた強力攻撃陣に対する警戒は相当なもののようだ。名前の出たハーランドとサンチョ以外にも、ドルトムントはトルガン・アザールやマルコ・ロイスなどといった有能アタッカーを前線に多数揃えている。最近は17歳のジョバンニ・レイナも頭角を現し始めただけに、相手としては誰にマークを集中させるべきか非常に的が絞りづらいチームと言えるだろう。

圧巻の攻撃力で相手を蹂躙するドルトムント。はたして今季、彼らはどこまでその得点数を伸ばしてくるか。欧州最高クラスの攻撃軍団は今後も幾度となくゴールラッシュを披露してくれることだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ