C・ロナウドをも超える存在感 ギグスが選ぶ“最高の同僚”は……

かつてマンUで活躍したスコールズ photo/Getty Images

「スコールジーのプレイだけは真似できない」

おそらく、かつてマンチェスター・ユナイテッドでプレイしていた選手の多くは「自身が共闘した中で最高の選手は誰?」との問いを受けた際、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの名を挙げることだろう。その後プレイしたレアル・マドリードで世界最高級ストライカーの地位を確立した同選手だが、その才能はマンU時代も傑出していた。クラブ史上最高の選手を選ぶ議論でも、有力候補に挙がるはずだ。

しかし、2003年から2009年まで6年間にわたってC・ロナウドとともにプレイしながらも、ライアン・ギグス氏が選んだ最高の選手は彼でない。同氏はマンUの中盤で輝いていた“ジンジャー・プリンス"こそがそれにふさわしい存在だと、『Premier League Productions』に対して次のように語った。

「おそらく、(ポール・)スコールズは私が共にプレイした中で最高のプレイヤーだ。人々はいつも私に共闘した中で最も素晴らしかった選手を尋ねてくる。おそらくクリスティアーノと言わせたいんだろうね。でも、すべての理由からそれはスコールジーなんだ。彼のような選手は他にいなかったよ。私は多くの選手がやっていることを自分でもできると感じていたが、スコールジーのプレイだけは真似できないと感じたよ。ボールを受けてから周りを確認することなどしなかった。それでも彼は自分の望む場所に正確にパスを供給していたんだよ」

人々がC・ロナウドと言わせたい気持ちはわかるが、自分はずっとスコールズが最高だと思っていると話したギグス氏。ポルトガル代表FWも素晴らしい選手と考えているが、最高の座に関してだけは譲れないものがあるようだ。

168cmと小柄ながら、無尽蔵のスタミナと抜群のテクニックを兼ね備え、攻守両面で絶大な貢献を果たしたスコールズ。そんなかつての盟友にギグス氏はメロメロだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジンtheWORLD最新号は、セリエA! 昨季までとは打って変わって激しい優勝争いが繰り広げられるイタリア・セリエAは新フェーズに突入。ユヴェントスを止めるのはどこなのか。いま、再びイタリアが面白い!!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ