マンUの救世主が“ver2.0”となる日は近いか 25歳はまだ伸びる

早くもマンUに欠かせぬ存在となっているB・フェルナンデス photo/Getty Images

加入直後から好パフォーマンスの連続

今冬スポルティングCPからマンチェスター・ユナイテッドに加入したポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス。まだチームに合流してから間もない同選手だが、ここまでのパフォーマンスは及第点どころか100点満点に近いものと言っていいだろう。6試合の出場ですでに3ゴール2アシスト。文句のつけようがない活躍ぶりだ。

新加入MFは前半戦に低迷していたマンUの救世主になっていると言っていいだろう。そんなたった数試合でファンの心を鷲掴みにしたB・フェルナンデスだが、真の実力はこんなものではないか。先日はスポルティングで彼を指導したサイラス監督も自軍の試合前会見の時間を割いてまで、「ブルーノはもっとできる選手だ」とこの25歳のさらなる活躍を期待するコメントを残している。

そして、かつてマンUで活躍したライアン・ギグス氏もB・フェルナンデスの秘めたポテンシャルには大きな期待感を抱いているようだ。このテクニシャンについて、同氏は英『Sky Sports』へ次のように語った。

「ブルーノは素晴らしい選手だね。さっそくポジションを獲得して、チームのパフォーマンスを引き上げた。まだ加入してから日が浅いというのにね。今後はさらに良くなると思うよ。彼はユナイテッドが望んでいたものをもたらしてくれた。冬の移籍市場で良い補強ができた記憶はあまりないが、ブルーノはそれに当てはまらない。素晴らしいパフォーマンスを披露しているし、うまくやっているのを見て私も嬉しいよ」

ギグス氏もまだ伸びると判断したB・フェルナンデス。はたして、完全体となった同選手はピッチ上でどれほど支配的な選手となるのだろうか。我々は近いうちにポルトガル代表MFの恐るべき“ver2.0”を目の当たりにすることとなるかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ