メッシがCLを制することは2度とない? バルサの“タレント力低下”は驚異的

ナポリ戦ではメッシにも得点なく photo/Getty Images

クオリティ不足は否めないか

バルセロナFWリオネル・メッシがチャンピオンズリーグのタイトルを獲得することは2度とないのではないか。

こんな厳しい予想を展開したのは、英『90min』だ。バルセロナはメッシ、ルイス・スアレス、ネイマールのMSNを軸に2014-15シーズンのチャンピオンズリーグを制したが、そこからは失敗が続いている。

25日には決勝トーナメント1回戦1stレグでナポリと1-1で引き分けに終わったが、同メディアは「チームの団結とタレント力の低下は驚異的」と取り上げている。ナポリの守備は見事だったが、ナポリは国内リーグで6位と苦戦しているチームだ。そのチームの攻略に手を焼いたのは気にかかる。

「ダニエウ・アウベスと右サイドで絡んだり、イニエスタとワンツーで相手の守備を攻略するような日は終わった。メッシはより技術で劣るネウソン・セメドや、予想もつかないアルトゥーロ・ビダルのような選手たちと上手くやらないといけない」

同メディアはこのようにも付け加えており、ナポリ戦でもバルセロナのパスワークはなかなか加速しなかった。予想のつきやすいパスが多く、ゲームテンポを変えることに苦労していた。

アウベスやイニエスタ、シャビ・エルナンデスがいた頃に比べると創造性が不足しているのは明らかで、相手の守備を攻略するにはメッシが奮闘するしかない状況だ。メッシを抱えているのがバルセロナ最大の強みとも言えるが、メッシだけで頂点まで届くのか。1stレグのパフォーマンスでは、優勝までのイメージを描くのは難しいだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.248 Season Review2019/20 欧州は今季も前進!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ