ドルトムントで輝くはずだった“イブラ2世” ハーランドの前にいた大型FW

ソシエダでプレイするイサク photo/Getty Images

戻る考えはないと語る

現在ドルトムントでは194cmのサイズを誇るFWアーリング・ハーランドが躍動しているが、ドルトムントはハーランドのような大型ストライカーを探し続けていた。

近年のドルトムントには高さとパワーで勝負できる純粋なセンターフォワードが不足しており、ロベルト・レヴァンドフスキが退団してからワールドクラスの大型ストライカーを見つけられなかったのだ。

ハーランドはその要求にピタリと合うことになり、ドルトムントの攻撃に幅が生まれることになった。しかし、ドルトムントは過去にも若き大型ストライカー獲得にチャレンジしたことがある。

2017年1月、スウェーデンのAIKソルナでプレイしていたスウェーデン代表FWアレクサンデル・イサクを獲得したのだ。イサクも190cmのサイズを誇っており、ズラタン・イブラヒモビッチ2世などと呼ばれてきたストライカーだ。

ところが、イサクはドルトムントで結果を残せなかった。オランダのヴィレムIIにレンタル移籍したあと、昨夏にレアル・ソシエダに完全移籍することとなった。ハーランドがブレイクしていることもあり、ドルトムントのサポーターはイサクのことを忘れているかもしれない。

スウェーデン『Sportbladet』によると、イサクもドルトムントに戻る考えはないと語る。

「僕に言えるのはドルトムントが過去であり、未来ではないということ。僕はここで上手くやっているし、戻ることは一切考えていないよ。今はソシエダに全集中しているのさ」

ドルトムントでは上手くいかなかったが、今季イサクはソシエダにてリーグ戦とスペイン国王杯の両方で7ゴールずつ挙げるなど好調だ。まだ20歳と若く、ハーランドのように大爆発することも不可能ではない。

ハーランドと同じ次世代の大型ストライカーとして、イサクのことも忘れてはならない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジンtheWORLD最新号は、セリエA! 昨季までとは打って変わって激しい優勝争いが繰り広げられるイタリア・セリエAは新フェーズに突入。ユヴェントスを止めるのはどこなのか。いま、再びイタリアが面白い!!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ