“メッシ封じ”で新たな道が見えた マンU超攻撃的サイドバックに起こる変化

メッシに対応するショー photo/Getty Images

昨季CLがきっかけに

昨季のチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグ、マンチェスター・ユナイテッドVSバルセロナの対戦を覚えているだろうか。

マンUは負傷者が出ていたこともあり、メンバー選考に頭を悩ませることになった。そこで指揮官オーレ・グンナー・スールシャールは、3バックの左センターバックの位置にルーク・ショーを配する決断を下したのだ。

ショーといえば超攻撃的な左サイドバックとして有名になった選手だが、今季も何度か左のセンターバックを任されている。3バックの左センターバックにショー、左のウイングバックにブレイクする19歳のブランドン・ウィリアムズを起用するパターンも出来つつある。

ショーはセンターバックを本職とする選手ではないが、スールシャールは前回のバルセロナ戦でショーのセンターバック起用が通用すると確信した。なぜなら、相手のエースであるリオネル・メッシを抑えることができたからだ。

「ここ最近の守備のパフォーマンスを嬉しく思う。ショーのスピードが戻ってきたのは重要なことだ。彼には優れた左足があり、パスも出せる。彼はオールド・トラフォードでのゲームでメッシ相手に上手くやったと感じたし、非常にエキサイティングだ」

英『Manchester Evening News』によると、スールシャールもこのようにコメントしている。高さは不足しているが、スピードならばトップレベルのアタッカーに対応可能だ。

バルセロナ戦でショーはオウンゴールを記録してしまったが、それでもスールシャールはパフォーマンスに納得したのだろう。今後もショーのセンターバック起用は1つのオプションとなっていくはずで、意外なメッシ封じから守備面で評価を上げることになったようだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ