ナポリ戦以来の衝撃 呑み込まれたリヴァプール自慢の“フロントスリー”

リヴァプールを撃破したアトレティコ photo/Getty Images

まさかの枠内シュート0

短期決戦のアトレティコ・マドリードは怖い。18日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦で昨季王者リヴァプールをホームに迎えたアトレティコは、徹底した守備戦術で1-0の勝利を収めた。

セットプレイで早い時間帯に先制点を奪い、そのリードを徹底して守っていく。まさにディエゴ・シメオネ率いるアトレティコが理想とする流れになったと言えよう。

その守備も相手のシュートが外れるのを願うネガティブなものではなく、リヴァプールが自慢とするモハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネの3トップを効果的に潰していく見事な戦いだった。

スペイン『MARCA』は「アトレティコがリヴァプールのフロントスリーを食べ尽くした」と称賛しているが、リヴァプールは枠内シュート0でゲームを終えている。マネは序盤から厳しくチェックされたことでフラストレーションが溜まったのか、やや競り合いの際に肘を使ってしまうようなシーンも見られた。イライラしていたのは間違いないだろう。

リヴァプールが枠内シュート0で終えるのは、2018年10月のナポリ戦以来のことだという。当時はナポリを指揮していたカルロ・アンチェロッティが巧みな守備戦術でリヴァプールを封じ込み、ロレンツォ・インシーニェのゴールで1-0の勝利を手にしている。

今回も似たような展開となり、集中したアトレティコの守備が今も強力であることが証明された。もっとも1stレグが終わっただけで、2ndレグは熱いリヴァプールの本拠地・アンフィールドだ。アトレティコには苦しい90分となるだろうが、この矛と盾の対決がどのような結末を迎えるのか楽しみだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.243 リヴァプール解剖論
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ