21歳は来季レアルへ帰還するのか 「ジダンがサッカー選手にしてくれた」

ドルトムントにレンタル移籍中のハキミ photo/Getty Images

ブンデスでブレイクした若きSB

ドイツで花開いた若きDFは来季スペインへ帰還することとなるのだろうか。レアル・マドリードからドルトムントにレンタル移籍中のモロッコ代表DFアクラフ・ハキミが、今後のキャリア形成に関わってくるであろう重要なコメントを発している。

現在21歳のハキミはレアルの下部組織出身だが、トップチームには同じポジションのレギュラーとして長くスペイン代表DFダニ・カルバハルが君臨している。その影響もあり、ハキミは2018年夏にドルトムントへ武者修行に出されたのだが、ここで若者の才能が開花。昨季は加入直後から瞬く間にレギュラーの座を確保し、公式戦28試合に出場した。

今季もここまで昨季と並ぶ公式戦28試合に出場しているハキミ。DFながらすでに6ゴール6アシストを記録するなど、好調ぶりは変わらない。ドルトムントにとって、彼はもはや必要不可欠な選手と言っていいだろう。そんなハキミのレンタル期間は今季終了時までとなっているが、はたしてこのモロッコ代表DFの去就はどうなるか。その実力は確かだが、彼がレアルに戻ってレギュラーの座を掴める保証はどこにもない。安定した出場機会を確保するためには、カルバハルという強力すぎるライバルを押し退けなければならないのだ。

しかし、それでもハキミのレアルに対する憧れは強いようだ。スペイン『as』によると、同選手はドルトムントで過ごす時間には満足しているものの、ジネディーヌ・ジダン監督に指導を受ける魅力は計り知れないものがあると次のように語っている。

「6月に何が起こるかはまだわからないね。それについては後で話すよ。今はドルトムントでの時間に集中しているんだ。ここでとても幸せだし、契約はあと4カ月も残っている。ただ、レアルのトップチームでプレイして、世界最高の選手とトレーニングすることはいつだって僕の夢なんだ。ジダンが僕をサッカー選手にしてくれた。史上最高の選手の一人から学ぶこと以上に良いことなんてあるのかな?」

どうやら、ハキミは可能であればレアルへ復帰したい様子。ユース時代を過ごしたクラブだけに無理もないだろう。ドイツで覚醒した21歳だが、その気持ちはスペインへ傾きつつあるようだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ