“怪物ロナウド超え”の点取り屋 ベイルは過小評価されすぎているのか

レアルでたびたび批判の標的となるベイル photo/Getty Images

ファンの目は厳しすぎる?

快速レフティーに対して、そこまで厳しい目線を向けるべきなのだろうか。レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイル。彼はこれまで度重なる負傷や不安定なパフォーマンスでファンから、何度も批判を浴びてきた。メンバー外となった試合の最中にゴルフをしていたなんて話もあるだけに、そういった声があるのも仕方ないだろう。

しかし、ベイルがレアルで成し遂げたことを考えれば、ファンはもう少し彼に対してリスペクトを持つべきと英『GIVE ME SPORT』は主張する。曲がりなりにも彼はクラブ歴代得点ランキングで14位につける男なのである。

現地時間22日に行われたスペイン国王杯のユニオンスタス戦で18分に先制ゴールを決めたベイル。これで彼のレアルにおける通算得点数は「105」に到達。ベイルはかつて“フェノーメノ”と恐れられた元ブラジル代表FWロナウド氏の記録した「104」を見事抜いてみせたのだ。ブラジル伝説のエース超えを果たした快速レフティー。たしかに、もう少しリスペクトされてもいい存在か。

さらにこの105ゴールという数字は、ジネディーヌ・ジダン監督とルイス・フィーゴ氏が現役時代に記録したレアルでのゴール数の合計と同じだ。同クラブでジダン監督は通算49ゴール、フィーゴ氏は56ゴールを記録している。ベイルがどれほど特別か、よりわかりやすい数字と言えるだろう。

厳しい批判に晒され、退団報道も毎年のように加熱するベイル。文句を言いたくなる気持ちも理解できるのは間違いないが、ファンはもう少し彼に敬意を払ってもいいのかもしれない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は、いよいよ始まるチャンピオンズリーグ・ラウンド16を徹底プレビュー。アトレティコ×リヴァプール、レアル×シティなどビッグカードが目白押しの今季CL。注目対決の行方に豪華執筆陣が迫ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ