B・シウバ方式で再ブレイクだ “6000万ポンドの男”が狙う2年目の逆襲

マンCで再ブレイクの予感漂うマフレズ photo/Getty Images

「望むレベルに到達するのは時間の問題」

マンチェスター・シティに所属するポルトガル代表MFベルナルド・シウバは同クラブにとって欠けが家のない選手だ。今では“世界最高級MFの1人”との呼び声も高い同選手。先日は新たな役割である“偽9番”の位置も難なくこなし、ジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるチームで非常に重要な役割を担っている。

しかし、そんなB・シウバも加入直後からチームに不可欠な存在としてプレイしていたわけではない。同選手はモナコから加入した2017-18シーズンはリーグ戦35試合に出場したものの、そのほとんどがベンチスタート。加入初年度のB・シウバは決して絶対的な選手とは言えない存在だった。彼はこの逆境から見事評価を覆したのである。

そして、そんなB・シルバに似たステップを踏もうとしている選手がマンCに今季もいる。MFリヤド・マフレズだ。昨季レスター・シティから鳴り物入りでマンCに加入した同選手。しかし、彼もその起用法は限定的で2018-19シーズンはリーグ戦27試合に出場したものの、そのほとんどが途中投入や比較的早い時間帯での交代を強いられるものだった。だが、一転して今季ここまでリーグ20試合に出場。フル出場する機会も増え、着実にチーム内での影響力は強くなってきている。

そんな自身と同じ“加入2年目の逆襲”を狙うマフレズに、B・シウバも期待を寄せているようだ。クラブ公式サイトのインタビューにて、この25歳はマフレズがもうすぐ最高級の輝きを取り戻すはずと主張している。

「まず第一に、移籍というのはとても難しいものなんだ。レスターやモナコといったクラブからマンCに移籍するのは、選手にとって間違いなく大きなステップ。新たな監督の考え方や未知のリーグ、そしてチームメイトの特徴にもアジャストしていかなければならない。ある程度の我慢が必要なんだ。その点で、僕もリヤドも忍耐強かった。彼はアンビリーバブルな選手だよ。昨季からプレイするたびにそれを証明してくれていたね。再び彼の時間が動き始めた。望むレベルに到達するのは時間の問題だね」

同僚から再ブレイクに太鼓判を押してもらったマフレズ。はたして、28歳のテクニシャンは今後さらにチーム内でその影響力を強めていくのだろうか。マンCが獲得に6000万ポンド(約86億3000万円)もの大金を費やした男の逆襲に注目だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ