トッテナムで“望まない再会”が実現? 韓国代表FWが着信拒否した選手に興味

ソン・フンミンとは過去の因縁があるチェルハノールだが…… photo/Getty Images

過去のしがらみが気になるところ

韓国代表FWにとっては実現してほしくない話かもしれない。トッテナムがインテルへの移籍が濃厚とされるデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンの後釜候補として、1人のテクニシャンをリストアップしたという。

そのテクニシャンとは、現在ACミランでプレイするトルコ代表MFハカン・チャルハノールだ。伊『Gazzetta dello Sport』によると、トッテナムはジョゼ・モウリーニョ監督が獲得を熱望するこのMFを買い取るため、すでに2000万ユーロ(約24億2000万円)程度の資金を用意しているという。ドイツでプレイしていた頃から“FKの魔術師”とも呼ばれるチャルハノール。抜群のキック精度を誇るだけに、バーゲン価格とも言えるだろう。

今冬ミランを退団する可能性が高いとみられるチャルハノール。ここまでリーグ戦18試合に出場しているが、直近のリーグ戦2試合では負傷のアナウンスもなくベンチメンバーから外れている。トッテナムとしては絶好のチャンスか。

しかし、その一方で少し気になる過去のしがらみも。チェルハノールとトッテナムの韓国代表FWソン・フンミンは“犬猿の仲”なのだ。その原因は2015年の夏、この韓国人アタッカーがとった行動にある。トッテナム行きが盛んに噂されていた当時、ソンは所属していたレバークーゼンからの了承を得ないまま渡英し移籍手続きを進めた過去が。その行動に対して、当時チームメイトだったチャルハノールは「間違った行為だ」と韓国人FWを公に批判。ソンもこれに応戦するなど、2人はなかなかに後味の悪い別れ方をしている。

また、ソンはこのトッテナム移籍時にチャルハノールからの電話を着信拒否したとされ、彼らの仲はもはや修復不可能に。ハンブルガーSV時代から共闘していた“盟友”だったはずの2人は、この出来事をキッカケに最悪の関係となってしまっている。

そんな中で舞い込んできた今回の移籍話。はたして、チャルハノールがトッテナムにやってくることはあるのだろうか。実力は申し分ないのだが、実現した際にはソンにとって“望まない再会”となりそうだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は、いよいよ始まるチャンピオンズリーグ・ラウンド16を徹底プレビュー。アトレティコ×リヴァプール、レアル×シティなどビッグカードが目白押しの今季CL。注目対決の行方に豪華執筆陣が迫ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ