アグエロとケイン、“現プレミア最高”FWはどっちだ 「統計的に見ても……」

アグエロ(左)とケイン(右)、どちらも優秀なストライカーであることは間違いないが…… photo/Getty Images

ともにゴールを量産する有能FWだが

現在のプレミアリーグで“最高のストライカー”を決めるとすれば誰になるか。先日、同リーグの外国人選手通算得点数を更新したマンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロは間違いなく候補に入るだろう。しかし、かつてトッテナムやサンダーランドで活躍したダレン・ベント氏はもう1人の有能FWを推している。

ベント氏が猛プッシュしているのはトッテナムの後輩であるイングランド代表FWハリー・ケインだ。現在は負傷により長期離脱を強いられているが、彼もプレミアで屈指のストライカーであることは間違いない。ベント氏はこの2人が万全の状態ならば、ケインの方がより多くの得点を決めることができるだろうと、英『talkSPORT』に対して次のように語っている。

「両方が最高の状態にあり、両者ともに最高のパフォーマンスを発揮できるというのなら、私はアグエロよりもケインの方がそれにふさわしいと思うね。統計的に見ても、ケインの方がより多く、そして重要なゴールを獲得していると思うからだ。1シーズンで20ゴール以上得点した選手は、プレミアにおいて数人しかいないというデータがあったはずだが、ケインはそれを3,4回達成している。アンビリーバブルだよ。アグエロは一度しか達成したことがなかったんじゃないかな。だからこそ私はケインを推すよ」

1シーズンあたりのゴール数を引き合いに出し、アグエロよりもケインの方が「現プレミア最強FW」の座にふさわしいと語ったベント氏。しかし、どうやらこのデータは同氏の記憶違いだった様子。すかさず『talkSPORT』でホストを務めるアドリアン・ダーラム氏がフォローを入れている。しかし、引用するデータが少し違っていただけで、ダーラム氏もベント氏の意見には概ね賛成のようだ。

「それは1シーズンに25ゴール以上決めた選手の統計の話だね。このデータ上、アグエロは一度しか25得点以上を記録していないよ。人々は信じがたいと思うかもしれないけどね。ちなみに、ケインは3つのシーズンでそれを達成している。彼はマンCよりも成績が芳しくないチームでそれほどの得点数を稼ぎ出しているんだ」

アグエロが1シーズンにプレミアで25ゴール以上をマークしたのは2014-15シーズンの一度のみ。一方でケインは2015-16シーズン、2016-17シーズン、そして2017-18シーズンと3シーズン連続で達成している。ベント氏がそう主張するのも納得できる数字だ。

しかし、チームに数多くのタイトルをもたらしたという点ではアグエロに軍配が上がるか。難しい議論となることは必至なだけに、さまざまな観点からこの議論はこれからもヒートアップしていくことだろう。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は、いよいよ始まるチャンピオンズリーグ・ラウンド16を徹底プレビュー。アトレティコ×リヴァプール、レアル×シティなどビッグカードが目白押しの今季CL。注目対決の行方に豪華執筆陣が迫ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ