38歳とは思えぬ高速スプリント “キング・イブラ”のスピードが凄かった

ミランに戻ってきたイブラヒモビッチ photo/Getty Images

年齢はただの数字

今季も前半戦からなかなか結果が出なかったミランは、2010-11シーズンにチームをスクデットへ導いている大ベテランFWに頼る決断を下した。

アメリカでもキングの名にふさわしい活躍を見せていたFWズラタン・イブラヒモビッチである。イブラヒモビッチのカリスマ性や得点力に賭けたわけだが、イブラヒモビッチも38歳だ。さすがに欧州五大リーグで結果を残すのは苦しいのではとの意見もあった。

しかし、イブラヒモビッチは11日のカリアリ戦からいきなり得点を記録。左サイドからのグラウンダーの折り返しを巧みに流し込み、衰えていない圧巻のテクニックでチームを勝利へ導いたのだ。

さすがと言えるシュートコントロールだったが、凄いのは技術だけではない。このゲームでイブラヒモビッチが見せたのは、衰えていない身体能力だ。

英『Sportbible』によると、イブラヒモビッチはこのゲームで32.45km/hのトップスピードを記録している。今週行われたセリエA第19節の中では全体で3番目に速いスピードだったようで、38歳の選手とは思えぬ身体能力だ。

年齢はただの数字なんて言葉もあるが、イブラヒモビッチほどこの言葉が似合う選手も珍しい。復帰2試合でサポーターを納得させたイブラヒモビッチは、今後もチームの軸となっていくだろう。このゲームでは若いラファエル・レオンも得点を記録しており、このコンビが名門浮上へのカギとなりそうだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ