異次元のC・ロナウドVSメッシ “2010年代のCL”を支配したのはどちらだ

CL3連覇も経験したロナウド photo/Getty Images

この10年の主役は間違いなくこの2人

2010年代のチャンピオンズリーグの主役は、間違いなくバルセロナFWリオネル・メッシとユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドの2人だった。毎シーズンのように圧倒的なパフォーマンスを披露し、この2人を中心に大会が回っていた。

では、真の主役を1人選ぶならどちらになるだろうか。UEFA公式では、「2人のスーパースターが2010年代のUCL得点ランクを支配した」と伝え、どちらが上かアンケートを取っている。

今のところアンケートは激戦となっているが、2人の成績を改めて振り返ると恐ろしい。ロナウドはレアル・マドリード時代に4度大会を制しており、特に2015-16シーズンからの3連覇は非常に印象的だ。連覇ですら難易度は非常に高いのだが、ロナウドに引っ張られたレアルはあっさりと3連覇を果たしてしまった。

一方で2010年に入ってからのメッシは2回だ。ジョゼップ・グアルディオラの下で2010-11シーズンに自身3度目の優勝を果たし、2014-15シーズンにはネイマール、ルイス・スアレスとのMSNトリオで圧倒的な強さを見せつけて大会を制している。それでも優勝回数ではロナウドに軍配が上がる。

また得点王獲得回数でも、メッシの4回に対してロナウドは6回。特にロナウドは2013-14シーズンにはシーズン記録を塗り替える17得点を記録しており、チャンピオンズリーグでの爆発力は異常なレベルにある。

SNS上でもリーガ・エスパニョーラはメッシ、チャンピオンズリーグはロナウドのものだったのではとの意見が出ており、チャンピオンズリーグ男はロナウドで間違いないか。



●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は「V字回復の処方箋」。低迷のビッグクラブに活路はあるか!?

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.241 予測不能なラウンド16
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ