35ゴールとたった6ゴール 2019年に明暗分かれたレアル“2人のB”

ベンゼマとベイル photo/Getty Images

ベストイヤーのFWとワーストイヤーのFW

クリスティアーノ・ロナウドがユヴェントスへ向かった時、レアル・マドリードではカリム・ベンゼマとガレス・ベイルの2人が30得点ずつ奪えれば理想的との意見があった。

ロナウドがシーズンに50点近く決めるため、ベンゼマとベイルの2人がそれぞれ30点近く得点を決めなければ穴埋めは難しいと考えられたからだ。

その期待に応えたのはベンゼマの方だ。スペイン『MARCA』によると、ベンゼマは2019年の1年間で35得点を記録。2018年が18得点、2017年が14得点だったため、2倍近く数字を伸ばしたことになる。

一方で調子が上がらないのはベイルだ。相変わらず怪我が多く、2019年も離脱していた期間があった。この1年の得点数は6点のみとなっており、これではロナウドの穴を埋められない。

しかもその6点のうち、ホームで決めたのは3月16日のセルタ戦の1点のみ。サンティアゴ・ベルナベウのサポーターは、今年1年間でたった1回しかベイルのゴールを見ていないことになる。これは寂しい数字だ。

同メディアは「2019年がベンゼマのベストイヤーであり、ベイルのワーストイヤー」だと取り上げている。2017年もベイルは年間6点に終わっているが、この時は24試合で6点だった。

対して2019年は33試合で6点となっており、ワーストイヤーと言われても仕方がない数字だ。今夏にはエデン・アザールを加えたが、アザールはゴールを量産するタイプの選手ではない。ロナウドの穴を埋めるには、ベンゼマとベイルの両方がベストイヤーを過ごす必要があったのだ。

果たして2020年の2人はどうなるのか。リーガ、チャンピオンズリーグを制するには、ゴールを量産する選手が2人くらいは欲しいところだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は「V字回復の処方箋」。低迷のビッグクラブに活路はあるか!?

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ