マンUの“爆速三銃士”は欧州最高クラスとなれる 新時代を引っ張る3トップ

ラッシュフォードとマルシャル photo/Getty Images

辛口なクラブOBもメロメロ

まだまだ安定感に欠ける部分はあるが、今のマンチェスター・ユナイテッドでは頼れる3トップが着々と完成してきている。

28日のバーンリー戦でも得点を記録したFWマーカス・ラッシュフォードとアントニー・マルシャル、そして今季よりマンUでプレイする快速FWダニエル・ジェイムズの3人だ。

この3人にはとにかくスピードがあり、加速させると手がつけられなくなる。加速するスペースを消された際にどう打開するのか課題もあるが、将来が楽しみな3人なのは間違いない。

英『BT Sport』によると、クラブOBポール・スコールズ氏はこの3人が欧州のどの3トップにも負けないクオリティを誇るとまで称賛する。

「フロント・スリーは私を興奮させるよ。この3トップはプレミアの他のチームの3トップ、さらには欧州の3トップたちと同じくらい優れていると思う」

ここまでリーグ戦ではラッシュフォードが11点、マルシャルが6点、ジェイムズが3点を奪っており、3人を合わせると20得点が生まれている。

リヴァプールのモハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネの3人は計24点、バルセロナのリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、アントワーヌ・グリーズマンは合わせて30点奪っているため、マンUの3トップを欧州トップクラスと呼ぶべきかは疑問だ。

しかし、ラッシュフォードらはまだ若い。2、3年後には欧州屈指の3トップとなっている可能性もあり、3人とも楽しみなポテンシャルを備えている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ