CLベスト16のカードがすごい 解説が予想した優勝候補“3クラブ”を襲う強敵

優勝候補の一角・マンC photo/Getty Images

ハーグリーブス氏が挙げた優勝候補3クラブ

かつてバイエルンやマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元イングランド代表MFオーウェン・ハーグリーブス氏は、今季のチャンピオンズリーグ優勝候補として3チームの名前を挙げた。

「以前は誰もがバルセロナとレアル・マドリードとの対戦を避けたがっていたと思うけど、今はみんながリヴァプールを嫌がっていると思う。リヴァプールは必要なあらゆるスタイルを備えているし、私の中では優勝候補筆頭だ。それに続くのがバルサ、マンチェスター・シティだ」

英『BT Sport』によると、同氏はこのように語っていた。実力的に考えればこの3チームの名前を挙げるのは妥当だが、彼らはベスト16から厄介な対戦相手と激突することになった。

16日に行われた決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選の結果、リヴァプールはディエゴ・シメオネ率いるクセ者アトレティコ・マドリード、バルセロナはナポリ、そしてマンCは今季ベスト16の中でも最大のカードと言えるレアルとの激突が決まった。

アトレティコはやや苦戦気味だが、それでも短期決戦での彼らは非常に厄介だ。相変わらず守備は堅く、リヴァプールでも崩すのに苦労するはずだ。

ナポリも成績不振からカルロ・アンチェロッティの解任劇が起こったが、グループステージではリヴァプールと互角に戦うほどの実力とタレントを備えている。新指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾが正しい戦術プランを選択すれば、バルセロナをも苦しめることができるだろう。

そしてマンCとレアルだ。このカードだけは予想がつかない。

ハーグリーブス氏は抽選について、「シティは最悪のチームの1つと顔を合わせた。レアルは誰もが知っているようにタフな相手だ。それでも私はシティが勝ち抜け候補だと思う」とコメントしている。同氏はマンCをプッシュしているが、完全な互角と言っていいかもしれない。

同氏が挙げた3チームがベスト16で敗退なんてシナリオも考えられるが、予想通り3チームは勝ち上がるだろうか。優勝候補たちも油断できぬ白熱のベスト16となりそうだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ