これがトッテナムのエースだ ケインがCLで“デル・ピエロ超え”

CLオリンピアコス戦で2ゴールを挙げたケイン photo/Getty Images

最速でCL通算20ゴール到達

トッテナムのエースが止まらない。現地時間26日に行われたチャンピオンズリーグ・グループリーグ第5節のオリンピアコス戦で先発出場を果たしたイングランド代表FWハリー・ケイン。同選手はこの試合では50分に同点弾を挙げると、77分にはセットプレーからダメ押しとなるゴールを決め、4-2の逆転勝利に貢献した。

これで今季CLでは6ゴール。得点ランキングトップを走るバイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(10ゴール)とは少し差が開いているが、2位につけているザルツブルクのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランド(7ゴール)の背中は見えてきた。この試合でトッテナムはグループリーグ突破を決めただけに、これからもケインのゴール数は伸びそうだ。

そんな中、ケインはこの試合における活躍でCLの歴史にその名を刻んだとデータサイト『Opta』が伝えている。同サイトによると、彼はこの試合で挙げた2ゴールによりCL通算得点が20ゴールに到達。24試合目での20ゴール達成は、元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロ氏が所持していた26試合を抜き“CL史上最速記録”更新となったという。

ブレイク以来、順調に得点を重ね続けているケイン。はたして、彼は欧州最高峰の舞台でどれだけその得点数を伸ばしてくるか。まだ26歳なだけに、得点ペースも今後数年は落ちないはず。トッテナムのエースがCL通算得点ランキングで上位に食い込んでくる日もそう遠くはないかもしれない。

『Opta』が発表した「CL通算20ゴール達成試合数」最速5名は以下の通り

1位 ハリー・ケイン(イングランド代表/24試合)

2位 アレッサンドロ・デル・ピエロ(元イタリア代表/26試合)

3位 ルート・ファン・ニステルローイ(元オランダ代表/27試合)

4位 フィリッポ・インザーギ(元イタリア代表/28試合)

5位 マリオ・ゴメス(元ドイツ代表/32試合)

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は“新監督”にフォーカス。ランパード、サッリなど、新天地でサポーターの心を掴みはじめた新指揮官たちが欧州を熱くする!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ