“カンテ2世”と刻む平均22.2回の欧州No.1タックル集団 快進撃支える守り

リーグ戦失点数を8点に抑えるレスター photo/Getty Images

ボール奪取力は欧州屈指

現在プレミアリーグで2位につける絶好調のレスター・シティでは、やはりエースのジェイミー・バーディが目立つ。ここまでリーグトップとなる11得点を記録しており、その得点力とスピードは相手DFの脅威となっている。

しかし、レスター好調の理由はそれだけではない。本当に見るべきは、守備の安定感だ。ブレンダン・ロジャース体制となってからは積極的にボールをポゼッションするスタイルを目指しているが、ボールを奪ったところから素早くバーディを活かすアイディアは今でも効果的だ。

地元紙『Leicester Mercury』も自信満々だが、今季のレスターはチームとして1試合平均22.2回ものタックルを仕掛けている。これはフランスのメス、ブンデスリーガのライプツィヒなどを抑え、欧州五大リーグ最多の数字となっている。レスターは欧州No.1のボールハンター集団と言ってもいいだろう。

個人の部分に目を向けても、レスターでは守備的MFウィルフレッド・エンディディがマンチェスター・ユナイテッドDFアーロン・ワン・ビサカと並んで欧州五大リーグ1位となる1試合平均5.4回のタックルを記録。さらに右サイドバックのリカルド・ペレイラが3位となる4.5回のタックルを記録している。

アグレッシブにボールを奪いにいくスタイルが機能しているのは間違いなく、レスターはここまでリーグ戦で僅か8失点しか喫していない。これはプレミアリーグトップの数字だ。

得点数でもリヴァプールを超える29得点を記録しており、あの奇跡のリーグ優勝を果たしたクラウディオ・ラニエリのチームよりも攻撃意識が高いのは間違いない。しかし、守備を大事にするマインドも変わっていない。堅守速攻を今でも武器の1つとするレスターは、当時の優勝チームにも負けぬ強力な集団へと仕上がっている。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は“新監督”にフォーカス。ランパード、サッリなど、新天地でサポーターの心を掴みはじめた新指揮官たちが欧州を熱くする!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ