“巨人MF”同士の強烈バトルがそこに ヤヤ・トゥレが語る最も厄介だった選手

マンCで活躍したヤヤ・トゥレ photo/Getty Images

名指ししたのは……

バルセロナ、さらにはマンチェスター・シティで活躍してきたMFヤヤ・トゥレは、そのキャリアの中で数多くの名プレイヤーと対峙してきた。

ヤヤ・トゥレは188cmのサイズを誇りながらもボールタッチが非常に柔らかく、技巧派MFの側面も併せ持っている。パワーだけじゃないところがヤヤ・トゥレの魅力であり、その技術と馬力には多くのプレイヤーが苦しめられてきた。

そんな名MFヤヤ・トゥレが語る最も厄介だった選手とは誰なのか。英『Manchester Evening News』はやや驚きな選出と伝えているが、ヤヤ・トゥレが名指ししたのはマンチェスター・ユナイテッドMFネマニャ・マティッチだ。

マティッチは190cmを超える大型MFで、フィジカルバトルには滅法強い。リーチを活かしてボールを奪う技術にも長けており、ヤヤ・トゥレを止められるのは同じビッグマンMFということか。

「マティッチは厄介だったよ。彼はスピードこそないけど、強いし、クレバーだ」

ヤヤ・トゥレはこのように語っており、ライバル・マンUの中盤を引き締めるマティッチのことを意識していたようだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は“新監督”にフォーカス。ランパード、サッリなど、新天地でサポーターの心を掴みはじめた新指揮官たちが欧州を熱くする!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ