ヤヤ・トゥレが掲げた次なる野望 36歳MFはキャリア最終盤に何を望む

現在は中国でプレイするヤヤ・トゥレ photo/Getty Images

「相手のチーム次第だけど」

コートジボワールの英雄は次のステップを見据えているようだ。かつてバルセロナやマンチェスター・シティなどで活躍した元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥレが次なる目標を明かした。

現在36歳のヤヤ・トゥレは2000年に母国コートジボワールのASECミモザでプロデビューをすると、その後はオリンピアコスやモナコなどを経て2007年バルセロナに加入。バルセロナではCL制覇や2回のリーガ・エスパニョーラ優勝に貢献。2010年に移籍したマンチェスター・シティでも3回のプレミアリーグ優勝などを経験し複数のタイトルを獲得した。2017-18シーズン限りでマンCを退団して以降は、昨年9月に古巣であるオリンピアコスへ移籍。しかし同年12月に契約解除となっている。以降はフリーの状態が続いていたが、今年1月に中国甲級リーグ(中国2部)の青島黄海に加入している。

一時は現役引退の可能性も報じられたヤヤ・トゥレ。ひとまず選手生活を続けることができた同選手だが、彼にはさらなる野望があるという。それは選手兼任コーチとしてプレミアリーグに復帰すること。英『SkySports』のインタビューに登場した同選手は、これについて次のように語っている。

「選手兼任コーチはやってみたいことだ。相手のチーム次第だけどね。クラブが何を成し遂げたいかによって変わってくる。行き過ぎたアピールはしたくないけど、チャンスは与えて欲しいよ。自分の考えでは、私はあと1,2年はプレイできると思うよ」

これまでのキャリアで様々な修羅場をくぐり抜けてきたヤヤ・トゥレ。誰もが認める名選手なだけに、このベテランMFを選手兼任コーチとして迎えれば、獲得したクラブにもたらすものは大きいかもしれない。

はたして今後、ヤヤ・トゥレのこの野望は実現するのだろうか。アフリカが誇るスターの去就からはこれからも目が離せない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ