アザール抜きの方が強いのでは ランパードが成功させた不可能ミッション

結果を出す新生・チェルシー photo/Getty Images

攻撃的で見ていて楽しいチームに仕上げる

今夏にFWエデン・アザールがチームを去り、しかもFIFAから補強禁止処分まで受けていたチェルシーは、開幕当初からネガティブな空気が漂っていた。満足な補強もできないままプレミアリーグを戦えるのかと不安を感じていたサポーターも多いだろう。

しかし、今のチェルシーは非常にポジティブだ。攻撃的で、見ていて楽しい戦い方で勝ち点を確実に稼いでいる。称賛されるべきは指揮官フランク・ランパードだ。当初はランパードの監督経験が浅いことも不安材料の1つに挙げられていたのだが、積極的に若手選手を起用しながら結果を出している。まだ序盤戦だが、ここまでのランパードの仕事はパーフェクトに近いのではないか。

英『Daily Mirror』によると、元ウェールズ代表選手で現在は解説を務めるロビー・サヴェージ氏もランパードが不可能なミッションをこなしていると絶賛する。不可能なミッションとは、アザール抜きの方が強いというチーム状態を作り出していることを指している。

「ランパードは誰も可能とは思わなかったことをしているよ。彼はアザール抜きの方が良いチームに見えるチェルシーを作っている。今夏にランパードが指揮官に就任した時、補強禁止、さらにアザールがレアル・マドリードへ移籍し、トップ4入りは難しいだろうとの意見が大半だった。しかし、彼はチームをシティ、リヴァプールに続く最も見る価値のあるチームへと変えている」

やや失点が多いのは気にかかるが、そのぶん得点も多い。ランパードが攻撃的なマインドを持った指揮官なのは確かで、就任早々から攻撃部分は機能している。若いメイソン・マウント、タミー・エイブラハムらもプレミアリーグの環境に適応させ、クリスティアン・プリシッチにもようやく当たりが出た。

リヴァプール、マンCに次いでリーグ3位に入るのはチェルシーではないか。今ではそんな明るい空気がチームを包んでいる。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

波乱巻き起こる英プレミアリーグを大特集! ビッグクラブを襲う試練、襲いかかる伏兵たち、そして最強リヴァプールに弱点は!? 

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ