1月に南野を獲得できないのか!? リヴァプールサポーターがサムライに惚れた

ザルツブルクの南野 photo/Getty Images

アンフィールドで衝撃のパフォーマンス

アンフィールドは南野拓実・劇場へと姿を変えた。

2日にチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節でリヴァプールと対戦したザルツブルクは、日本代表FW南野がフル出場を記録。先に3点を奪われる苦しい展開となったが、前半39分の韓国代表FWファン・ヒチャンのゴールからザルツブルクが一気にペースアップ。

56分には南野が左サイドからのクロスにドンピシャで合わせて2点目をゲット。アジアの若きコンビで欧州王者リヴァプールを追い詰めたのだ。さらに南野はその1分後にFWエルリング・ブラウト・ハーランドのゴールもアシストしており、堅守を誇るリヴァプール守備陣でも抑え込むことはできなかった。

南野のパフォーマンスにはリヴァプールサポーターも驚いたようで、英『Football Fancast』は今冬の移籍市場で南野獲得へ動けと声を上げるリヴァプールサポーターが続出したことを取り上げている。「ミナミノ」の名前がSNSで頻繁に飛び交う一夜となったのだ。

「間違いなく南野はリヴァプールのスタイルに合う。スピードがあって決定力もある。ボス、1月に獲得を」

「南野を獲得することはできないのか?」

「リヴァプールはこの試合の直後に南野と契約する必要がある。クリスティアーノ・ロナウドのようにね」

クリスティアーノ・ロナウドのようにとは、ロナウドがスポルティング・リスボンからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍した2003年のことを指している。ロナウドはマンUとのテストマッチで衝撃のパフォーマンスを披露し、驚いた当時のマンU指揮官アレックス・ファーガソン氏が試合後すぐにロナウドとコンタクトを取ったのだ。

南野がここまで実力の高い選手だとアンフィールドに駆けつけたリヴァプールサポーターは知らなかったのだろう。ザルツブルクは3-4で惜しくも敗れてしまったが、南野をはじめとする攻撃力の高さが本物であることを示すには十分すぎるゲームだった。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

欧州4大リーグの戦いの行方を大予測! いよいよ開幕した各国リーグ戦を100倍楽しめる!!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ