これでもドイツ“No.2”なのか バルサGKにこれ以上のレベルは求められない

ロイスのシュートを止めるテア・シュテーゲン photo/Getty Images

彼こそNo.1にふさわしいとの意見も

ドイツの地でドイツ代表No.2のGKが見せたパフォーマンスをヨアヒム・レーヴはどう評価しただろうか。17日にバルセロナはチャンピオンズ・グループステージ第1節でドルトムントのホームに乗り込み、苦しみながらも勝ち点1を手にした。

その立役者は間違いなくバルセロナGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンだ。マルコ・ロイスのPKを見事に防ぎ、その他にも2つほどビッグセーブがあった。テア・シュテーゲンがいなければ複数失点していた可能性が高い。

スペイン『MARCA』のマヌエル・マラゴン記者は、「テア・シュテーゲンはドルトムントのスタジアムで代表監督ヨアヒム・レーヴに明確なメッセージを送った。彼はドイツのNo.1になるべきだ」と主張しており、やはりテア・シュテーゲンがワールドクラスのGKなのは間違いない。

しかしドイツ代表では今もバイエルンのマヌエル・ノイアーが高く評価されており、EURO2020予選でも守護神を任されている。テア・シュテーゲンもNo.2の現状に満足していないのは明らかで、ドイツ代表サポーターの間でもノイアーorテア・シュテーゲンの議論は起きていることだろう。

「ロイスは常に蹴る方向を変えてくるから、研究するのが難しいんだ。それでも左に蹴ってくる予感があったんだ。セーブできてよかったよ」

テア・シュテーゲンはドイツ代表の同僚であるロイスのPKを止めたシーンについてこのように振り返っている。何となくの予感が当たるところも、テア・シュテーゲンの実力と言えよう。ドイツ代表の守護神争いは激しさを増している。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ