ケイン、アグエロとは違う? マンUの若きFWは“ゴールへの本能”持っていない

マンUのラッシュフォード photo/Getty Images

ダメ出しをしたのは……

今季マンチェスター・ユナイテッドを指揮するオーレ・グンナー・スールシャールは、若きFWマーカス・ラッシュフォードの得点量産に期待をかけている。ロメル・ルカクも今夏に手放すことになり、マンUがトップ4へ食い込めるかはラッシュフォード次第と言ってもいい。真のエースストライカーへ覚醒する時は今だ。

ただ、ラッシュフォードはストライカーの本能を持ち合わせていないと主張する者がいる。元イングランド代表FWマイケル・オーウェン氏だ。オーウェン氏は実にストライカーらしい選手だったが、ラッシュフォードとは違いを感じているという。

英『Daily Mirror』によると、それはゴールを求める姿勢だ。オーウェン氏はゴールを奪うことに取り憑かれていたようなのだが、ラッシュフォードはそういうタイプの選手には見えないと語る。

「彼がゴールに執着しているとは思わないね。彼は私より優れたオールラウンドな選手で、私が持っていなかったスキルや素晴らしいタッチを持っている。だけど、彼は私が持っていた得点を奪う本能は持っていないよ。ロビー・ファウラー、アグエロ、ハリー・ケイン、彼らはゴールに執着している。ラッシュフォードはそうじゃないと思う」

技術より、ゴールを心の底から求めているかどうか。ストライカーには強い思いが必要ということなのだろう。マンUで一流の点取り屋へ成長を遂げたクリスティアーノ・ロナウドも若い頃はワイドな位置でプレイする選手だったが、どこからか強烈にゴールを意識する選手へと変化を遂げた。ラッシュフォードも同じ道を進む可能性はあるが、ゴールだけを追い求めてプレイするゴールマシーンとなる日はくるだろうか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

久保建英がカバーの最新号は、欧州4大リーグからJリーグまで網羅したヤングスター特集。今、サッカー界を熱くしてくれる期待のU-22選手はこの29人だ!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ