16歳でバルサデビューの“超新星”、過去にレアルの好オファーを拒否 なぜ?

将来の活躍が期待される若手アンス・ファティ photo/Getty Images

息子のデビューを父がお大喜び

16歳でバルセロナデビューを飾ったギニアビサウ出身のFWアンス・ファティ。この超新星の父が、息子が華々しい舞台に立った喜びなどを語っている。

2002年10月31日生まれのファティは、2013年にバルセロナの下部組織へ入団し、将来の活躍が期待される若き逸材だ。スピードに乗ったドリブルや得点力を武器に、昨年15歳ながらU-19チームへの飛び級を果たすと、UEFAユースリーグで9戦4ゴール3アシストを記録するなど圧巻のパフォーマンスを披露していた。そして、着実にステップアップを続ける同選手は、リオネル・メッシやルイス・スアレスの負傷などもあり、あれよあれよという間にトップチームまで登り詰め、25日に行われたベティス戦(リーガ・エスパニョーラ第2節)で78分から途中出場を果たし、トップチームデビュー。クラブ史上2番目の若さ(16歳260日)で、トップチームの一員としてピッチに立ったのだ。

これを誰よりも喜んでいるのファティの父であるボリ・ファティさん。スペイン『COPE』のインタビューに応じると、息子のバルセロナデビューを「私の人生で一番幸せな日です。アンスが『バルベルデ監督に招集された』と私に言ってきたとき、私も妻も泣いてしまいました。彼がピッチへ入ったとき、私たちは『まさか』と思いましたね。雲の中にいるようでしたよ」と振り返っている。

ただ、過去にはバルセロナではなくレアル・マドリードへ加入する可能性もあったようだ。その時の秘話を「私たちがセビージャにいたころ、レアル・マドリードが息子に対して、バルセロナよりも良い条件のオファーをくれました。しかし、バルセロナを選びました。なぜなら、彼らは契約のために私の家まで足を運んでくれて、私を納得させたんです。息子もバルセロナと契約しなければならないと言っていましたね。セビージャがこれを知った時、モンチSDが『バルセロナはどれだけのオファーをしてきたんだ』や『セビジャーとサインしてほしい』と言ってきました。でも彼はセビージャで1年もプレイせずに、9歳で離れることになりました」と明かしている。

近年若手の台頭が著しい欧州サッカーだが、ファティはこのままスターダムを駆け上がることができるのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ