マンU、あの奇跡の夜からたった“3勝”!? スールシャール・マジックはどこへ

白星増えぬマンU photo/Getty Images

ピークは過ぎてしまったのか?

昨季チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグ、パリ・サンジェルマンを劇的な逆転勝利で破ったマンチェスター・ユナイテッドの戦いがオーレ・グンナー・スールシャール政権のピークだったのだろうか。

あの時のマンUはホームで迎えた1stレグを0-2で落とし、敗色濃厚な中でパリ・サンジェルマンの本拠地へ乗り込んだ。相手のミスも絡んだが、マンUは諦めない姿勢を見せて3-1の大逆転勝利を収めた。スールシャール体制では何かが起こるとサポーターが確信したゲームでもあったはずだ。

しかし、あのゲームからマンUは苦戦が続いている。英『GIVE ME SPORT』が取り上げているが、実はあの劇的勝利からここまでマンUはたった3勝しか挙げていないのだ。

あの劇的なパリ・サンジェルマン撃破が3月6日のことで、昨季リーグ戦ではそこから2勝しか挙げられなかった。終盤の大失速がトップ4入りの可能性を消してしまうことになり、FA杯でもパリ戦の10日後にウォルバーハンプトンに敗れている。チャンピオンズリーグでは準々決勝でバルセロナに2戦とも敗れ、大会から姿を消した。

そして迎えた今季、ここまでリーグ戦では1勝1分1敗だ。開幕節でチェルシーをド派手に4-0のスコアで撃破したのは見事だったが、その後ウォルバーハンプトンには1-1、クリスタル・パレスには1-2で敗れるなど格下相手に躓いてしまった。

つまり昨季パリ戦後に挙げたリーグ戦の2勝、そして今季の1勝と、マンUはあの奇跡の夜から15試合で3勝しか挙げることができていない。これではあの夜がスールシャール政権のピークと言われても仕方がないだろう。

10月にはアーセナル、リヴァプールとのビッグマッチも控えており、ここまでに万全の体制を整えて白星を増やしていきたいところだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

久保建英がカバーの最新号は、欧州4大リーグからJリーグまで網羅したヤングスター特集。今、サッカー界を熱くしてくれる期待のU-22選手はこの29人だ!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ