メッシ、C・ロナウドはトップ5に入らない! やや意外な“決定率ランク”1位は

ユヴェントスのC・ロナウド photo/Getty Images

2012-13シーズン以降の数字を英メディアが紹介

リオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウド、ロベルト・レヴァンドフスキ、ルイス・スアレス、ハリー・ケインらワールドクラスの点取り屋は凄まじい決定力でゴールネットを揺らしてくるが、真の決定力ランキングを作成すると彼らはトップ5にも入らないという。

英『Sportbible』が1つのデータを紹介しているが、今回スポットを当てたのは2012-13シーズンからPKを除いて通算100ゴール以上決めている選手たちだ。100ゴール以上決めているだけでも見事だが、彼らは合計のシュート数に対して何ゴール決めたのか。この決定率をベースに「2012-13シーズン以降最も決定力が高いFWランキング」を作成している。

例えばレヴァンドフスキを見てみると、2012-13シーズンからのPKを除いた得点数は193点。シュートは合計1124本打っているため、決定率は17.2%となる。今回のランキングではちょうど10位だ。

トップ5を見てみると、5位は545本のシュートで102ゴール決めているアトレティコ・マドリードFWジエゴ・コスタ(18.7%)、4位は577本のシュートで109ゴール決めているインテルFWマウロ・イカルディ(18.9%)、3位は866本のシュートで165ゴール決めているアーセナルFWピエール・エメリク・オバメヤン(19.1%)、2位は884本のシュートで169ゴールを決めているパリ・サンジェルマンFWエディンソン・カバーニ(19.1%)だ。

そして1位は、今夏にモナコへの移籍が発表されたFWウィサム・ベン・イェデル。意外な名前かもしれないが、イェデルは538本のシュートで106ゴールを記録。数字は19.7%となっている。得点数も違うためこの数字だけで決定力No.1と言い切るのは難しいが、ひとまず今回のランキングではワールドクラスのFWたちを抑えて1位だ。

ちなみにメッシは1473本のシュートを打って275ゴールとなっており、決定率は18.7%で惜しくも6位。僅かな差でジエゴ・コスタが上となっている。

凄いのはクリスティアーノ・ロナウドで、ロナウドは1880本もシュートを打っている。これは今回リストアップされた選手の中でダントツのトップだ。ただ得点数は254点となっているため、決定率は全体20番目の13.5%に留まっている。

得点数ではロナウドとメッシがぶっちぎりだったが、そのぶんシュート数も多い。ベン・イェデルだけでなく、カバーニ、オバメヤン、イカルディ、ジエゴ・コスタらゴール前の嗅覚で勝負してきたストライカーたちはさすがといったところか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

久保建英がカバーの最新号は、欧州4大リーグからJリーグまで網羅したヤングスター特集。今、サッカー界を熱くしてくれる期待のU-22選手はこの29人だ!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ