古巣ブレシア復帰を決めたバロテッリ なぜ新天地に“昇格組”を選んだのか

ブレシアへの移籍を決断したバロテッリ photo/Getty Images

「心」が決めた故郷への帰還

18日にブレシアへ加入することが発表されたイタリア代表FWマリオ・バロテッリが、移籍理由や新天地での意気込みなどを明かした。

これまでインテルやマンチェスター・シティ、ミラン、リヴァプールなど数々の欧州名門クラブを渡り歩いてきた現在29歳のバロテッリ。2016年夏から戦いの舞台をフランスへ移し、昨季後半戦は日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユでプレイしていた。半年間でリーグ・アン15試合に出場し、8ゴールを挙げる活躍を見せていたが、短期契約だったためシーズン終了後に契約満了を迎えてフリーに。ブラジル行きなども噂されていたが、新天地は幼少期にプレイした経験がある昇格組のブレシアに決まった。

伊『sky sport』などによると、インタビューに応じたバロテッリは古巣復帰について「オレは本当に、本当に幸せだ!」とコメント。そして「代理人が(ブレシアと)交渉していることをオレに伝えてきた。オレはこのアイデアに、すぐに心が動かされた。だから、『絶対に行く』と彼に伝えたよ。これは心が決めた選択なんだ」と語った。

さらに「私の母は泣いていたよ。息子が夫の故郷のクラブのユニフォームを着てプレイするのが嬉しくてね。僕は家に帰ることができ、この数年間は一緒にいることができる」といった家族との裏話も明かしつつ「オレはフランスでここ数年間、やれることを証明した。ここブレシアでもチームをパワーアップさせることができるだろう。オレはフランスでゴールを量産してきた。4試合出場停止(昨季リーグ・アン最終節で受けたレッドカードの処分がイタリアでも適応されるため)なのは不運だったが、これをポジティブに捉えている。戦術やコンディションを上げるためのトレーニングに費やすチャンスを得たんだからね」と述べている。

イタリア代表復帰の野望も口にしていたが、はたしてバロテッリは故郷のクラブであるブレシアを躍進させることができるのか。“悪童”が今季、4シーズンぶりのセリエAで猛威を振るうかもしれない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

久保建英がカバーの最新号は、欧州4大リーグからJリーグまで網羅したヤングスター特集。今、サッカー界を熱くしてくれる期待のU-22選手はこの29人だ!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ