マンUはルカクの穴埋められる? OBが若き点取り屋に”20ゴール超え”指令

マンUのラッシュフォード photo/Getty Images

得点力不足に陥る危険も

今季のプレミアリーグ開幕節でチェルシーを幸先よく4-0のスコアで粉砕したマンチェスター・ユナイテッドだが、安心するのはまだ早い。ゴールラッシュでの立ち上がりとなったものの、今後得点力不足に陥る危険性も十分に考えられるからだ。

クラブOBポール・インス氏が気にしているのは、退団したFWロメル・ルカクのことだ。今夏マンUはルカクをインテルに売却したが、代わりに大物ストライカー獲得へ動いたわけではない。マーカス・ラッシュフォード、アントニー・マルシャル、若いメイソン・グリーンウッドで穴を埋めていくのが指揮官オーレ・グンナー・スールシャールのプランだ。

しかし彼らはまだ伸び盛りの選手で、どこまで得点を量産できるかは分からない。マンUが今季トップ4入りを狙うには、1人くらいは得点王争いに顔を出す選手がほしい。最も期待できるのはラッシュフォードだろうか。

英『Manchester Evening News』によると、ポール・インス氏はラッシュフォードに20点超えをリクエストしており、ルカクの穴を感じるシーズンにならないことを願っている。

「クラブとして、ユナイテッドはルカクが決めてきた20ゴールほどを失うことになった。これは大きな損失であり、穴を埋めなくてはならない。ルカクの得点数は損失だ。ラッシュフォードとマルシャルには多くのプレッシャーがかかる。ユナイテッドが上手く戦うには、ラッシュフォードが今季20〜25点は奪う必要がある。それができるかは分からないけどね」

ラッシュフォードはチェルシー戦で2得点を奪う活躍を見せたが、まだリーグ戦20点超えを記録したことはない。それどころか、二桁に乗せるのがやっとの状況だ。点取り屋がいないチームがプレミアトップ4に食い込むのは厳しいが、ラッシュフォードはルカクの穴を埋められるのか。スールシャールの挑戦は賭けに近いと言えよう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ