指導してきた選手が豪華すぎる! レジェンド揃いの“モウリーニョベスト11”

数々のビッグクラブで結果を残したモウリーニョ photo/Getty Images

英メディアが選出

昨季途中にマンチェスター・ユナイテッドの監督を解任されてしまったジョゼ・モウリーニョ氏だが、その実績を考えれば彼は世界でも指折りの名将だ。ポルト、チェルシー、インテル、レアル・マドリードなどといったビッグクラブに数々のタイトルをもたらしている。

そんなモウリーニョ氏がこれまで監督として指導した選手の中から11名をチョイスし、英『90min』がドリームチームを作成している。メンバーは往年の名手から今なお活躍をつづける現役まで、“オールスター軍団”に名を連ねるにふさわしい選手が選出されている。

GK
ペトル・チェフ(チェルシー)

DF
ハビエル・サネッティ(インテル)
リカルド・カルバーリョ(ポルト、チェルシー、レアル・マドリード)
ジョン・テリー(チェルシー)
アシュリー・コール(チェルシー)

MF
クロード・マケレレ(チェルシー)
フランク・ランパード(チェルシー)
デコ(ポルト)

FW
サミュエル・エトー(インテル)
ディディエ・ドログバ(チェルシー)
クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)

まずGKはペトル・チェフ。レアル時代のイケル・カシージャスもレジェンドだが、プレミアリーグで通算クリーンシート数の最多記録を持つチェフを選ばないわけにはいかないだろう。

DFもチェルシー時代の選手が中心。ジョン・テリーとリカルド・カルバーリョのセンターバックコンビはまさに鉄壁だった。プレミア優勝を果たした2004-05シーズンにチェルシーが喫した失点はわずか「15」だ。そして、左サイドバックにはアシュリー・コール。チェルシー加入当初こそうまくチームに馴染めなかったものの、次第にその真価を発揮した。右サイドバックはインテルの偉大なキャプテンだったハビエル・サネッティが選出されている。

MFはクロード・マケレレ、フランク・ランパード、デコの3名。特にマケレレの存在感は抜群だった。絶妙なポジショニングとボール奪取は今なお語り継がれている。フランク・ランパードの得点力もMFとしては異常と言えるほど。デコはポルト時代にモウリーニョ氏の下でチャンピオンズリーグ制覇に貢献した。恩師が名将としての道を歩み始めるキッカケを作った選手と言っても過言ではないだろう。

最後はFW。いずれも優秀なストライカーだが、なかでもクリスティアーノ・ロナウドはモウリーニョ政権時のレアルの攻撃を一手に担っていた。どれほど執拗なマークを受けようとも得点を重ね続ける姿は“エース”そのものだったと言えるだろう。ディディエ・ドログバ、サミュエル・エトーの両名もそれぞれのクラブにおいてエースストライカーとしてゴールネットを揺らし続けた生粋の点取り屋だ。

見れば見るほど豪華なベストイレブン。はたして今後モウリーニョ氏が現場復帰した際、新たにここへ名を連ねる選手は出てくるのだろうか。もう一度ビッグクラブで指揮を執る“スペシャル・ワン”の姿を見たいファンは多いはずだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)、最新号を無料で公開中!

日本初の電子サッカーマガジンtheWORLD(ザ・ワールド)。最新号は、本誌初のJリーグ特集! 名古屋グランパスの風間監督、大分トリニータの片野坂監督の独占ロングインタビューも奪取しました!!

こちらから無料でお読みいただけます
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=358/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ