エリクセンより”日本代表の10番”選んだ夏 マンUが下した7年前の決断

マンU時代の香川真司 photo/Getty Images

7年越しのマンU行きは実現するか

現在マンチェスター・ユナイテッドはトッテナムMFクリスティアン・エリクセンの獲得も視野に入れているようだが、マンUがエリクセンに関心を示すのはこれが初めてではない。

英『Daily Mirror』が振り返っているが、最初にマンUが関心を示したのは名将アレックス・ファーガソン氏がチームを指揮していた2012年のことだ。当時エリクセンはまだアヤックスでプレイしており、その能力にファーガソン氏も興味を抱いていた。

エリクセンもマンU挑戦に前向きだったそうだが、ファーガソン氏はまだ早すぎるとの判断を下した。当時のエリクセンはまだ20歳の若さで、もう少しチェックする必要があると感じたという。

そして最終的に獲得したのが、日本代表MF香川真司だった。当時はエデン・アザールも候補に入っていたようだが、移籍金額のこともあってファーガソン氏は香川を選んだ。当時ドルトムントで圧巻のプレイを見せていた香川は、23歳の若さでマンU入りを実現させたのだ。

香川はファーガソン氏が退任したこともあってプレミアリーグで苦戦したが、恐らくエリクセンも当時の混乱していたマンUでは結果を残せなかっただろう。今回は7年ぶりにマンU入りの可能性が出てくることになったが、トッププレイヤーへと成長したエリクセンはついに赤い悪魔の一員となるのか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)、最新号を無料で公開中!

日本初の電子サッカーマガジンtheWORLD(ザ・ワールド)。最新号は、本誌初のJリーグ特集! 名古屋グランパスの風間監督、大分トリニータの片野坂監督の独占ロングインタビューも奪取しました!!

こちらから無料でお読みいただけます
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=358/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ