“天才”・小野伸二に続ける者はいるか 再び訪れたオランダでの日本フィーバー

フェイエノールト時代の小野 photo/Getty Images

クラブは第2の小野を求めている

フェイエノールトで天才的なプレイを連発した小野伸二、VVVフェンロからトップリーグへと羽ばたいた本田圭佑、吉田麻也、短期間ながらフェイエノールトで快速ぶりをアピールした宮市亮、フィテッセやADOデン・ハーグで活躍した長身のハーフナー・マイクなど、これまでもオランダ・エールディヴィジで結果を残す日本人選手は定期的に現れていた。

しかし、今ほどタレントが集まっているのは珍しい。今季のエールディヴィジにはフローニンヘンで活躍を続けるMF堂安律、マンチェスター・シティからのレンタルで加わっているMF板倉滉、PECズヴォレDF中山雄太、開幕戦からゴールを挙げたFCトゥエンテFW中村敬斗、AZのDF菅原由勢と、日本の次代を担ってほしいヤングタレントが揃っている。

中村、菅原が開幕節からインパクトを残したこともあり、オランダ『Algemeen Dagblad』も「小野や本田の時代を思い浮かべた」と日本人選手を特集している。

中でも話題の中心は小野だ。小野はフェイエノールトの一員として2001-02シーズンのUEFAカップを制しており、当時のチームには元デンマーク代表FWヨン・ダール・トマソンや元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーらが揃っていた。

同メディアは、「オランダのクラブは全てフェイエノールトを制した小野のようなストーリーを望んでいる。小野は素晴らしく、マーケティングの面でも多くのものを提供した」と伝えており、小野のインパクトは強烈だった。

そして今のエールディヴィジで最も才能ある日本人選手と評価されているのが、堂安律だ。日本人選手の多くはエールディヴィジをステップアップの場と捉えているはずで、欧州五大リーグにチャレンジしたいと考えている者は多い。その挑戦権に1番近いのは堂安で間違いないだろう。

彼ら若き日本人選手は本田や吉田のようにより高いレベルへ羽ばたけるのか。今季はエールディヴィジの戦いからも目が離せない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)、最新号を無料で公開中!

日本初の電子サッカーマガジンtheWORLD(ザ・ワールド)。最新号は、本誌初のJリーグ特集! 名古屋グランパスの風間監督、大分トリニータの片野坂監督の独占ロングインタビューも奪取しました!!

こちらから無料でお読みいただけます
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=358/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ