今夏はDFの移籍が面白い! エルナンデス、デ・リフトら止まらぬ高額移籍 

バイエルンに加わったエルナンデス photo/Getty Images

5000万ユーロ超えの移籍金は当たり前の時代に

これまではアタッカーの方が高額な移籍金がかかるといったイメージもあったが、ここ最近はDFの選手にもかなり高額な移籍金が動くようになってきた。1つのきっかけとも言えるのは2017年冬にリヴァプールがフィルジル・ファン・ダイク獲得に8500万ユーロを支払ったことで、今夏もその動きは続いている。

スペイン『MARCA』が振り返っているが、今夏バイエルンがアトレティコ・マドリードから加えたフランス代表DFリュカ・エルナンデスには8000万ユーロもの移籍金が投じられている。

さらに先日決まったオランダ代表DFマタイス・デ・リフトのユヴェントス行きには、7500万ユーロものお金が動いている。いずれも若手実力派DFなのだが、以前では考えられなかったような金額だ。

さらにレアル・マドリードがFCポルトからエデル・ミリトン(5000万ユーロ)、ナポリがローマからコスタス・マノラス(3600万ユーロ)、バイエルンがシュツットガルトからバンジャマン・パヴァール(3500万ユーロ)、パリ・サンジェルマンがドルトムントからアブドゥ・ディアロ(3100万ユーロ)、ドルトムントがバイエルンからマッツ・フンメルス(3000万ユーロ)と、センターバック陣の動きが激しい夏となっている。

また現在はレスター・シティDFハリー・マグワイアにマンチェスター・ユナイテッドが関心を示していると言われており、こちらも実現する場合はかなり高額な移籍金が動くと予想されている。

同メディアは「ストライカーのような値段。欧州はDFに夢中」と伝えてるが、センターバックの他にもマンUがクリスタル・パレスからサイドバックのアーロン・ワン・ビサカを5000万ポンドで獲得するなど、DFの動きが激しい。少しでも名の通ったDFであれば、5000万ユーロ近く支払わなければ獲得するのが難しくなってきている。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)、最新号を無料で公開中!

日本初の電子サッカーマガジンtheWORLD(ザ・ワールド)。最新号は、本誌初のJリーグ特集! 名古屋グランパスの風間監督、大分トリニータの片野坂監督の独占ロングインタビューも奪取しました!!

こちらから無料でお読みいただけます
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=358/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ