メッシのMOM回数が凄すぎる…… C・ロナウドにも100の差をつけていた

バルセロナのメッシ photo/Getty Images

2010-11シーズン以降の数字を見てみると

バルセロナFWリオネル・メッシ、ユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドの2人は、毎試合のようにゲームの行方を決定づけるスペシャルなプレイを披露してきた。ここ10年のバルセロナはメッシが支配しており、ロナウドもレアル・マドリードとユヴェントスで常に主役だった。

では、2人がどれほど決定的な働きを見せてきたのか。得点数も凄いのだが、それ以外にもとんでもない数字が存在する。今回英『SportBible』が注目したのはマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)を獲得した回数だ。

2010-11シーズンからの数字を見ると、ロナウドは125回MOMに選ばれている。この数字も見事だが、メッシの場合は225回を記録している。2010-11シーズン以降で100回を超えているのはこの2人だけで、いかに重要な役割を果たしてきたかが分かる。特にメッシの225回は異常だ。

2位以下を見てみると、チェルシーの中心だった現レアル・マドリードFWエデン・アザールが93回、今もMLSのロサンゼルス・ギャラクシーで活躍を続けるFWズラタン・イブラヒモビッチが89回、バルセロナでメッシとともにMSNトリオを形成したFWルイス・スアレスと現パリ・サンジェルマンFWネイマールが65回で並んでいる格好だ。

さすがに得点を決めるアタッカーの選手が多くランクインしているが、9位にバルセロナMFアルトゥーロ・ビダル(53回)が入ってきているのも興味深い。アタッカー以外の選手ではビダルだけがトップ10に入っており、攻守両面で重要な働きをしていることが分かってくる。

メッシとロナウドは今後も数字を伸ばしてくるだろう。メッシならば300回を目指すことも不可能ではないかもしれない。この数字だけでも、約10年間メッシとロナウドがサッカー界を支配してきたことが分かってくるデータとなっている。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)、最新号を無料で公開中!

日本初の電子サッカーマガジンtheWORLD(ザ・ワールド)。最新号は、本誌初のJリーグ特集! 名古屋グランパスの風間監督、大分トリニータの片野坂監督の独占ロングインタビューも奪取しました!!

こちらから無料でお読みいただけます
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=358/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ