5年で”10億ユーロ”突破!? スター軍団・バルサの札束攻勢止まらない

積極補強続けるバルセロナ photo/Getty Images

グリーズマン獲得も発表

バルセロナの札束攻勢が止まらない。以前から噂されていたようにアトレティコ・マドリードFWアントワーヌ・グリーズマンを獲得したが、支払った契約解除金は1億2000万ユーロ。また1人スーパースターがバルセロナに加わることになる。

そしてこの取引により、バルセロナは1つの大台を突破したことになるという。英『GIVE ME SPORT』によると、バルセロナは2014-15シーズンから計算すると補強に費やした金額が10億8000万ユーロに達した。同期間で10億ユーロを突破しているクラブはバルセロナだけだ。

推定8000万ユーロ超えとされる移籍金でリヴァプールから獲得したFWルイス・スアレスに始まり、フィリペ・コウチーニョとウスマン・デンベレは1億ユーロを超えた。今夏にはアヤックスからMFフレンキー・デ・ヨングも合流し、最終ラインの補強にもバルセロナは力を入れてきた。全てが成功というわけではないが、バルセロナはこの5年で驚異のタレント軍団へと変化を遂げている。

バルセロナの数字に続くのは、マンチェスター・シティが9億9600万ユーロ、マンチェスター・ユナイテッドが8億9000万ユーロだ。この数字を見ると、両チームの間に大きな差ができているのは非常に残念だ。マンUの補強が上手くいっていないことを証明する数字になってしまっている。

意外かもしれないが、ネイマールとキリアン・ムバッペを獲得しているパリ・サンジェルマンが7位で7億7300万ユーロに留まっている。バルセロナはパリをも超える超大型補強を実行してきたのだ。

まだ今夏にはネイマール復帰案も噂されているため、さらに補強費が増える可能性がある。これだけ補強に費やしているとなれば、彼らの狙いはリーガ・エスパニョーラとチャンピオンズリーグのダブル達成しかないだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ