なぜ中島のルーレットにVARが使われない!? PK疑惑に海外紙「確認すら」

中島が転倒する場面があったが…… photo/Getty Images

ゴンザレスと膝が接触したように見えたが……

中島翔哉がルーレットを使ってペナルティエリアに侵入し、ウルグアイの選手と接触したシーンでなぜビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を採用してくれなかったのだろうか。

現在ブラジルで開催されているコパ・アメリカでもVARは威力を発揮しており、21日に行われた日本代表VSウルグアイ代表の一戦でも前半32分にVARからウルグアイにPKが与えられている。このプレイも際どいものだったが、映像で検証した結果カバーニの右足に日本代表DF植田直通の足の裏が入ってしまったという判定だった。

あのプレイをPKとするならば、後半に中島がルーレットで仕掛けて転倒した場面はどうなのか。ペルー地元紙『Libero』は、VARで確認さえしなかったことを疑問視している。

「非常に物議をかもす動きだったが、主審のアンドレス・ロハスはVARを確認することさえしなかった。また、VAR担当のディエゴ・ハロも主審にプレイを見直すよう伝えなかった。映像ではウルグアイのゴンザレスが中島を前進させないようにしていたところをはっきりと見ることができた」

同メディアがこのプレイを気にしているのは、VAR担当がペルー人審判のディエゴ・ハロだったこともある。日本側としては植田とカバーニの接触を確認するのであれば、中島とゴンザレスの接触もVARで確認してほしかったはずだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ