「自らの手でライバルを強化することに」 レジェンドがバイエルンに警告

ドルトムント移籍の可能性が浮上しているフンメルス photo/Getty Images

元ドイツ代表DFを手放すなと主張

古巣ドルトムントへ復帰する可能性が浮上したバイエルン・ミュンヘンのDFマッツ・フンメルス。バイエルンのニコ・コバチ監督も彼の売却を了承しており、両者はすでに正式な交渉を開始しているとのことだが、これにOBは納得していないようだ。

独『Sport Bild』によると、バイエルンのレジェンドであるローター・マテウス氏はフンメルスの放出に断固反対の立場をとっている。同氏はその移籍金とパフォーマンス双方の観点からこの30歳を売却すべきではないと考えているようだ。

「バイエルンはフンメルスを手放すべきではない。あんなに安い移籍金で売ってはいけないし、彼のパフォーマンスから考えてももちろんダメだ。彼は代表に招集されなくなってからすごく良いプレイを見せてくれていると私は思うよ。もし手放すのであれば、バイエルンはリーグで最も強力なライバルを自らの手で強化することになる」

現地で報じられているフンメルスの移籍金は1500万~2000万ユーロ(約18億~24億円)程度。たしかに、この百戦錬磨のセンターバックにつけられた値札としては少ない金額かもしれない。そしてなにより、マテウス氏は今季熾烈なブンデス優勝争いを繰り広げたドルトムントにフンメルスを手放すことが許せないようだ。

バイエルンには来季からバンジャマン・パヴァールとリュカ・エルナンデスが加入する。若返りを図るのもいいが、ある程度はベテランの経験も必要となってくることだろう。はたして、この移籍話はどのような結末を迎えることとなるのだろうか。元ドイツ代表DFの去就に注目が集まる。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ