スタッツはファン・ダイク超え 08-09シーズンの鉄壁DFとの比較が話題に

リヴァプールを支えるファン・ダイク photo/Getty Images

スタッツだけでは比較できないとの意見も

今季チャンピオンズリーグ制覇を果たしたリヴァプールでは、DFフィルジル・ファン・ダイクが大きく評価を高めることになった。最終ラインを統率するリーダーシップ、1対1を制する強さとスピード、高さ、正確なボールコントロールと、現代のセンターバックに求められる能力を全て高い次元で備えている。現世界最高のセンターバックと言われても納得できるだろう。

そんな中、米『ESPN』が1つ興味深い比較をおこなっている。その比較とは、今季のファン・ダイクと2008-09シーズン当時のマンチェスター・ユナイテッドDFネマニャ・ビディッチを比べたものだ。

今季リヴァプールはリーグ戦での失点を22に抑え、ファン・ダイクは20試合のクリーンシート達成に貢献している。同メディアのデータではタックル成功数38、インターセプト数40、クリア回数199回だ。

一方で2008-09シーズン当時のビディッチもリーグ制覇を達成し、クリーンシートはファン・ダイクを超える23試合を記録。タックル成功数は62回、インターセプト数は71回、クリア回数は360回と、データの面でもファン・ダイクより印象的な数字を残している。

この比較を巡っては様々な意見がSNS上で起きている。単純にスタッツを見ればビディッチの方が優秀に思えるが、ファン・ダイクの方が読みが優れているため、タックルを仕掛ける必要がない。スタッツだけで優劣は決められないとの意見もある。

同じセンターバックでもタイプは異なるが、今季のファン・ダイクの方が上なのか。サポーターによっても好みは分かれるところだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.234 大会出場選手確定! コパ・アメリカ完全ガイド
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ