C・ロナウドが2位から落ちる!? ”現世界最高”の選手TOP10に動きあり

ユヴェントスのC・ロナウド photo/Getty Images

徐々に顔ぶれ変わるランキング

パリ・サンジェルマンで本格的にFWキリアン・ムバッペがブレイクし始め、今季のチャンピオンズリーグではリヴァプールDFフィルジル・ファン・ダイクも圧倒的なパフォーマンスを披露した。ポジションがそれぞれ違うため比較は難しいが、現世界最高の選手は誰なのだろうか。

スペイン『MARCA』はユーザーが投票できる形で世界最高の選手TOP10なるランキングを作成しているのだが、その序列には少々変化が見られる。これまではリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドの一騎打ちといったイメージだったが、徐々に差は詰まってきている。

10位:アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)

9位:ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)

8位:ネイマール(パリ・サンジェルマン)

7位:ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリード)

6位:フィルジル・ファン・ダイク(リヴァプール)

5位:エデン・アザール(来季よりレアル・マドリード)

4位:キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)

3位:クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)

2位:モハメド・サラー(リヴァプール)

1位:リオネル・メッシ(バルセロナ)


やはりメッシの人気は根強い。今季もチャンピオンズリーグ制覇には届かなかったが、得点は変わらず量産していた。メッシのパフォーマンスは圧巻だったと言える。

興味深いのはサラーが2位に上がってきていることで、ユヴェントスへ向かったロナウドはやや評価を落としている。そこにムバッペ、さらにレアル入りを決断したアザールが続く。特にアザールはレアルのエースとしてどんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみで、来季はさらに評価を上げられるかもしれない。

また負傷離脱が続くネイマールが8位まで落ちていることも見逃せない。パリ・サンジェルマンのエースはすっかりムバッペとなってしまい、ネイマールは評価を落としている。昨年のバロンドールを受賞したモドリッチも同じで、今季はチームも成績が良くなかった。

このランキングは今後どう変わっていくのか。未だにメッシとロナウドがトップ3に入っているのは見事と言うしかないが、2人は来季も変わらぬハイパフォーマンスを見せてくれるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.234 大会出場選手確定! コパ・アメリカ完全ガイド
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ