マンUよ、勝ちたければオレを監督にしろ! マラドーナ氏が次期指揮官に自薦

現在メキシコ2部のドラドス・デ・シナロの指揮官を務めるマラドーナ氏 photo/Getty Images

かつてファンであったことも明かす

ディエゴ・マラドーナ氏は、マンチェスター・ユナイテッドの指揮官に就任することを夢見ているようだ。

アルゼンチンの英雄マラドーナ氏は現在、メキシコ2部のドラドス・デ・シナロの指揮官を務めている。ただ、以前から古巣ナポリなどの名門クラブの指揮官就任や、アルゼンチン代表監督への復帰の野望を口にしてきた。そして、同氏が次に名前を挙げたのがマンUだ。

英『Four Four Two』のインタビューに応じた際、今季苦しい戦いを強いられたイングランドの名門へ「マンチェスター(・ユナイテッド)が監督を必要しているのであれば、オレがその男になろう。彼らが世界中にたくさんのユニフォームを売っていること知っているが、彼らはもっとトロフィーを勝ち取る必要がある。オレは彼らのためにそれを行うことができるだろう」とメッセージを送ったのだ。

さらに「マンチェスター・ユナイテッドはかつて、長い間オレがお気に入りだったイングランドのチームだ。素晴らしい選手たちがたくさんいたし、アレックス・ファーガソンのもとでは素晴らしいチームだったからね」とも明かしている。

ただ、近年の不振により心境の変化もあったようだ。「ただ、今はマンチェスター・シティの方(がお気に入り)だと言わざるを得ない。こういったように心変わりするべきではないとはわかっているが、クン(セルヒオ・アグエロ)がいるからね。彼は非常に良いチームでプレイできていると思うよ」とも述べた。

就任の可能性は極めて低いと思われるが、はたして。マラドーナ氏の想いはマンUへ届くのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ