テリーもランパードもいない OBが語る今のチェルシーに不足しているのは?

チェルシー時代のミケル photo/Getty Images

来季は誰が引っ張るのか

何かと苦しいシーズンではあったものの、マウリツィオ・サッリ率いるチェルシーは今季3位でフィニッシュすることに成功。ヨーロッパリーグでも決勝に残っており、このタイトルさえ獲得できれば今季は成功と言ってもいいだろう。

ただし、以前チェルシーでプレイしていたジョン・オビ・ミケルには気になっていることがある。それはリーダーの不在だ。現在プレミア・チャンピオンシップ(イングランド2部)のミドルズブラでプレイするミケルは、10年を超える期間チェルシーでプレイしてきた選手だ。自身もリーダーの1人であったと同時に、偉大な先輩たちの背中も見てきた。だからこそ、今のチームに強烈なリーダーシップを発揮する選手がいないことを気にしているのだ。

英『Football London』によると、ミケルは今のチームにピッチ上でのコミュニケーションが欠けていると指摘。自身がプレイしていた時との違いを語っている。

「今のチームを見ていると、素晴らしい選手はいるけどリーダーはいないね。僕たちの時代にはドログバやランパードに向かって叫ぶこともできた。僕も24、5歳だったけど、自分の意見を言うことができたんだ。今の彼らは互いに話し合っていないし、責任を取るリーダーもいない。それが彼らに欠けているものだね」

今季限りでDFガリー・ケイヒルも退団すると見られており、そうなればますますリーダーシップを発揮する選手がいなくなる。以前はジョン・テリーのような闘将と呼べる選手がいたのだが、来季から誰がチームを引き締めるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.234 大会出場選手確定! コパ・アメリカ完全ガイド
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ