約10年ぶりの記録更新! CL準決勝でデ・リフトが達成したのは……

デ・リフトは19歳ながらアヤックス不動の主将だ photo/Getty Images

スペインの名手が残した記録破る

現地時間31日、アヤックスはチャンピオンズリーグ準決勝1stレグでトッテナムと対戦した。この試合、アヤックスは前半15分にMFドニー・ファン・デ・ベークが挙げた1点を守り切り、そのまま1-0で勝利。1点の優位を保ちつつ、ホームで2ndレグを戦うこととなった。

今季CLでその勢いが止まらないアヤックス。1994-95シーズン以来となる優勝を狙っているわけだが、一足先にDFマタイス・デ・リフトが歴史に名を刻んだようだ。

オランダ『De Tergraaf』によると、デ・リフトはCL準決勝で主将を務めた最年少の選手になったという。デ・リフトは現在19歳。それまでの記録保持者はかつてアーセナルやバルセロナで活躍し、現在リーグ・アンのモナコに所属するMFセスク・ファブレガスだ。彼はアーセナル在籍時の2009-10シーズン、準決勝でマンチェスター・ユナイテッドと対戦。1stレグ、2ndレグともに21歳ながら主将を務めていた。

そして、その前記録保持者も祝福の言葉を寄せている。アヤックスの公式Twitterがこの記録更新を知らせる旨のツイートをすると、セスクがこれに反応。「おめでとう、ビッグボーイ」と返信し後輩を称えた。

いまだ10代の選手ながら、若さを微塵も感じさせない落ち着きぶりでチームをここまで導いたデ・リフト。加えて、21歳のセスクでも成し遂げられなかった準決勝での勝利を味わっている。この19歳、はたしてこれからどのようなキャリアを歩むのか。全世界が注目している。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ