“ベルギーのウィルシャー”!? 天才MFに続く怪我に不穏な呼び名も

負傷したデ・ブライネ photo/Getty Images

負傷離脱続く

20日に行われたトッテナム戦に何とか勝利したマンチェスター・シティだが、勝ち点3を奪ったからといってハッピーな話題ばかりではない。このゲームでは前半38分にMFケビン・デ・ブライネがピッチに座り込んでしまい、再び負傷離脱することになった。

デ・ブライネはシュートを打った際に筋肉を痛めたと見られているが、今季はすでに2度長期的に離脱した期間がある。24日に予定されているマンチェスター・ユナイテッドとのダービーマッチには出場することが難しく、マンCは重要なゲームで貴重なチャンスメイカーを失うことになる。

気になるのはデ・ブライネに負傷癖のようなものがついていることだろう。本来はマンCの中盤を支配できるだけの実力者だが、今季は怪我が原因でリーグ戦18試合出場に留まっている。負傷と復帰を繰り返すのは心配で、今回の怪我が筋肉系のものだったことも気にかかる。

英『The Sun』によると、SNS上ではデ・ブライネの負傷が続いていることからウェストハムMFジャック・ウィルシャーと比較する声まで出ているという。ウィルシャーも天才と呼ばれる選手だが、何度も負傷で苦しんできた。

「デ・ブライネがベルギーのウィルシャーになっている」

「デ・ブライネが新たなウィルシャーになろうとしている」

怪我は多くの名選手を苦しめてきたが、デ・ブライネも時間をかけて怪我を完治させるべきだろう。そして来季にはシーズンをフルに戦えるデ・ブライネの姿を見せて欲しい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ