欧州でプレミア勢が強すぎる 4クラブの準決勝進出は何年ぶり?

昨年に続いてCL準決勝進出を果たしたリヴァプール photo/Getty Images

CL、ELベスト4に2チームずつ

プレミアリーグのクラブが欧州の舞台で奮闘中だ。現地時間18日に行われたヨーロッパリーグ準決勝の試合でアーセナルはナポリを、チェルシーはスラヴィア・プラハを退けベスト4へと駒を進めた。チャンピオンズリーグではリヴァプールとトッテナムがそれぞれベスト4進出を決めており、両大会でここまで勝ち上がっている8チームのうち半分がプレミア勢という結果になっている。

英『Daily Mirror』は、イギリスに本拠地を構える4チームが同時にUEFA主催大会の準決勝に進出したのは1983-84シーズン以来で、実に35年ぶりの快挙になったと伝えている。当時、UEFAチャンピオンズカップではリヴァプールとダンディー・ユナイテッド、UEFAカップではトッテナムとノッティンガム・フォレストがベスト4に名を連ねたという。

リヴァプールとトッテナムは今回もCL準決勝へと駒を進めたように、当時と変わらぬ強さを誇っている。しかし現在、元日本代表GK川島永嗣が所属していたことでも知られるダンディー・ユナイテッドはスコットランド2部、ノッティンガム・フォレストはイングランド2部を戦っており、35年経った今では勢力図が変化していることが見てとれる。

惜しくも敗退となったが、マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティもCLでベスト8にまでは残っていた。2014-15シーズンのCLでは、プレミア勢が準々決勝まで1チームも残らないという悲劇に見舞われただけに、今回の快挙で見事に復権をアピールした格好だ。準決勝ではそれぞれ別国チームとの対戦になるため、決勝での同国対決も十分に可能性がある。はたして、両大会でプレミアのチームが優勝することはあるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ