ポドルスキの主将退任に独メディア反応 “ブンデス復帰”を願う論調も 

主将退任を報告したポドルスキ photo/Getty Images

神戸の浮上に貢献できるか

元スペイン代表のMFアンドレス・イニエスタやFWダビド・ビジャらを擁しながら、今季のJ1リーグ第7節消化時点で3勝1分け3敗の10位と出遅れているヴィッセル神戸。フアン・マヌエル・リージョ監督との契約解除を17日に発表したほか、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが主将の座から降りたことを自身のTwitterアカウントで発表するなど、クラブ内に暗雲が漂っている。

この同クラブの動乱にドイツメディア『TAG24』が反応。「神戸でクライシス(危機)。ポドルスキが主将退任」との見出しを打ったほか、「ポドルスキと神戸の契約は今年いっぱいまで残っているが、彼はブンデスリーガでもまだやれるはずだ」と、実現すれば2012年以来(当時ケルン在籍)となる同選手のブンデスリーガ復帰を願う論調で記事を締めくくっている。

「キャプテンマークを返しても変わらないのは、これからもみんなのリーダーとしてチームを引っ張っていくこと」とTwitterで綴ったポドルスキだが、吉田孝行新監督のもとでもレギュラーとして君臨し、チームの浮上に貢献できるだろうか。同選手の今後のプレイぶりも然ることながら、その去就も注目されるところだ。



記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ