君こそ”NEXTランパード”!? チェルシーのMF序列に変化あり

チェルシーのロフタス・チーク photo/Getty Images

サポーターも大興奮

今季のチェルシーで最も競争が激しいポジションとなっていたのが、左のインサイドハーフだ。このポジションはレアル・マドリードからレンタルでやってきたマテオ・コバチッチと、8番を背負うロス・バークリーが1番手を争い、そこに23歳のルーベン・ロフタス・チークが続く格好だった。

ロフタス・チークは3番手と見られていたわけだが、その序列が変わりつつあるのかもしれない。チェルシーは8日にウェストハムを2-0で撃破したが、このゲームで先発したロフタス・チークをサポーターは絶賛しているのだ。主役は驚異的なドリブルゴールを含む2得点を決めたエデン・アザールだが、ロフタス・チークも高い評価を受けている。

英『Football London』によると、サポーターからはロフタス・チークこそフランク・ランパードの後継者といった意見が出ているようだ。ランパードはチェルシーのレジェンドで、背負っていた8番の背番号は今バークリーのものになっている。しかしロフタス・チークがその座を奪ってしまうかもしれない。

「ロフタス・チークはチームに欠かせぬ存在となっている」

「ロフタス・チークはNEXTランパードだ」

「ロフタス・チークとハドソン・オドイは毎週先発すべきだ」

ロフタス・チークもチェルシーのユース出身者で、若い頃より実力を高く評価されてきた。これまではレンタル移籍を繰り返してきたが、ついにNEXTランパードとしてポジションを掴む時か。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ