52歳キング・カズの“生涯現役”の誓いに、海外メディア注目

3月23日のFC岐阜戦に出場した三浦知良 photo/Getty Images

「元サッカー選手という言われ方ではなく......」

3月23日に行われたJ2リーグ第5節のFC岐阜戦に先発し、自身が持つJリーグ最年長出場記録を“52歳25日”に更新したキング・カズこと、三浦知良(現.横浜FC)。 言わずと知れた日本サッカー界のレジェンドが、今後のサッカー人生について並々ならぬ決意を語った。

伊『sky sport』や『FOX SPORTS』のイタリア版は現地時間5日、同選手が仏『L'Equipe』のインタビューで発したコメントを紹介。いつまで現役を続ける予定かとの記者の問いに対し、同選手は「自分が死ぬときは元サッカー選手という言われ方ではなく、“サッカー選手の三浦知良”が亡くなったと言われたい。(引退するかどうかは)自分の体が決めることだけど、今はその時ではないと思う。監督や会長、スポーツディレクターや解説者になることに興味はなく、できれば死ぬまでサッカーを続けていたい」と回答。生涯現役を誓った。

1993年のJリーグ開幕戦に出場して以降、今もなおプロの舞台に身を置き続けている三浦知良。2017年3月12日のJ2リーグ(ザスパクサツ群馬戦)以来となる同選手のゴールに期待したいところだ。

 

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ