[今週の注目試合]ドイツとスペインの首位攻防戦が熱い! Jリーグ屈指の“矛盾対決”も

古巣サウサンプトンとの対戦を控えるファン・ダイクphoto/Getty Images

○サウサンプトン×リヴァプール


プレミアリーグ第33節
5日(金)28:00 キックオフ



この1年で世界No.1センターバックと呼ばれるまでに成長したフィルジル・ファン・ダイクが、セント・メーリンズに帰ってくる。デヤン・ロブレンやサディオ・マネなども含めて、リヴァプールがサウサンプトンから有能な選手を引き抜くケースが多々あり、因縁のある対決。29年ぶりのリーグ制覇を目指すリヴァプールにとっても、残留を目指すサウサンプトンにとっても負けられない一戦である。欧州屈指の3トップ(モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、マネ)を相手に、日本代表DF吉田麻也がどれだけやれるかも見ものだ。

今季もG大阪の攻撃を牽引するファン・ウィジョ photo/Getty Images

○サンフレッチェ広島×ガンバ大阪


明治安田生命J1リーグ第6節
6日(土)14:00 キックオフ



5試合で1失点しかしていない広島(リーグ最少失点)と、12得点も奪っているG大阪(リーグ2番目の得点数)、今季好調な守備陣と攻撃陣が激突する。ただお互いに弱点もあり、広島は失点も少ないが得点も4点と少ない。一方のG大阪も、ここまで12失点と守備のもろさが目立つ。長所を最大限に活かすことも大事だが、短所を少しでもカバーすることが勝敗を大きく左右するかもしれない。Jリーグ屈指の“矛盾対決”に注目だ。

今季1度目の対戦ではドルトムントが制している photo/Getty Images

○バイエルン×ドルトムント


ブンデスリーガ第28節
6日(土)25:30 キックオフ



今季2度目のデア・クラシカー(ドイツ・ダービー)。1度目の戦いでは、ホームのドルトムントが3-2でバイエルンとの打ち合いを制している。ただ、ドルトムントは現在負傷者が相次いでおり、今季チームを支えてきたDFアブドゥ・ディアロとアクラフ・ハキミも、前節のボルフスブルク戦で負傷。この大一番での欠場が濃厚となっている。一方、バイエルンは前節負傷欠場していたダビド・アラバが、すでにトレーニングへ復帰したことが報告されており、マヌエル・ノイアーを除いてほぼベストメンバーが揃った。こういった状況もあり、前評判ではバイエルンが優勢となっている。

今季前半戦でも激しい戦いを繰り広げたバルサとアトレティコ photo/Getty Images

○バルセロナ×アトレティコ・マドリード


リーガ・エスパニョーラ第31節
6日(土)27:45 キックオフ



リーガ・エスパニョーラの天王山。ミッドウィークに行われた試合で、首位のバルセロナが白星を逃したことで、両チームの勝ち点差は「8」に。この直接対決で2位のアトレティコが勝利すれば「5」まで縮まり、優勝の行方は最後まで分からなくなる。敵地での戦いではあるが、逆転優勝へ向けて是が非でも勝利したい一戦だ。一方、バルセロナが勝利すれば再び勝ち点差は二桁となり、連覇はほぼ確実とってもいいだろう。リーガ・エスパニョーラで今季、最多得点(79得点)のバルセロナと最少失点(19失点)のアトレティコだが、どちらに軍配があがるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ